【超初心者向け】初めてのDouble Exposure Blackjack|基本的なルールや遊び方、攻略法、必勝法

管理人 竜崎
管理人の竜崎だ。
今回はDouble Exposure Blackjackの基本的なルールや遊び方、攻略法や必勝法を紹介する記事だぜ。
助手 虎田
初めて遊ぶという方や、遊んでみたけど、どう攻略すればよいのか分からないという、私みたいな初心者にも分かりやすい内容になっています♪
Double Exposure Blackjackはブラックジャックから派生したゲームです。ブラックジャックと基本的なルールは同じであるものの、ディーラーの最初の2枚が両方オープンになっているという特徴があります。
そのため、1枚が伏せられた状態のブラックジャックよりも戦略が立てやすいことや、プレイヤーに有利な状況で賭けられることが魅力です。
基本的なルールや遊び方はもちろん、初心者でも行える攻略法や必勝法についても解説しますので、ぜひ最後までチェックしてやり方をマスターしましょう。

この記事を読んだらわかること

✅Double Exposure Blackjackの基本的なルールや用語について
✅Double Exposure Blackjackの配当について
✅Double Exposure Blackjackのゲームの進め方について
✅Double Exposure Blackjackとブラックジャックの違いについて
✅Double Exposure Blackjackの攻略法と立ち回りについて
管理人 竜崎
Double Exposure Blackjackはルールが単純明快で、初心者にもおすすめのカードゲームです。この記事ではルールや流れ以外にも、戦略についても解説するので、ぜひ最後までお読みください。

【初心者必見】Double Exposure Blackjackで遊ぶためのルールと基礎知識

Double Exposure Blackjackは、ブラックジャックから派生したカードゲームです。ルールや数字の数え方は通常のブラックジャックと同じなので、ブラックジャックで遊んだことがある方なら、すぐに遊び始められます。

通常のブラックジャックとの違いは2つ。1つはディーラーに配られる2枚のカードがあらかじめ表示されていることです。戦略が立てやすいので、有利な状態が作りやすくなります。

もう1つは、ブラックジャック以外の引き分けがディーラーの勝ちとなることです。通常のブラックジャックの場合、引き分けだと賭け金が戻ってきますが、Double Exposure Blackjackの場合は負け扱いになるので注意が必要です。

Double Exposure Blackjackのルール

基本的にDouble Exposure Blackjackは、通常のブラックジャックと同じように、どちらが合計21に近いかを競うゲームです。しかし、Double Exposure Blackjack独自のルールが2つ存在します。

1つは、ダブルダウンが9~11の間で可能だということです。ダブルダウンとは、次のカードが配られれば勝てると判断した時、賭け金を倍にできるというものです。

通常のブラックジャックの場合はディーラーのバーストを狙いますが、Double Exposure Blackjackはディーラーのカードが2枚ともオープンになっているので、21に近づけるためにダブルダウンを行います。

もう1つは、スプリット後のダブルダウンができないことです。スプリットとは、最初に配られた2枚が同じ数字だった場合に、カードを2つに別けてプレイすることです。

通常のブラックジャックでは、テーブルによってスプリット後のダブルダウンが可能なゲームもありますが、Double Exposure Blackjackではできないので注意が必要です。

Double Exposure Blackjackの基本用語

ここまでは、Double Exposure Blackjackの基本的な知識とルールについて説明しました。続いて、Double Exposure Blackjackの基本用語について解説します。

Hit(ヒット)

ヒットとは、合計数字が21に近づくようにカードを1枚追加することです。カードの合計値が低い場合、ヒットすることでゲームを優位に進められます。ただし21を超えてしまうこともあるので、注意が必要です。

スタンド

スタンドとは、手札の合計値が21に近い時に、21を超えないようにするためにこれ以上カードが配られないようにすることです。「ステイ」と表記されることもあります。

Bust(バースト)

バーストとは、手札の合計値が21を超えてしまうことです。バーストしてしまうと、無条件で負けになってしまいます。

Double Down(ダブルダウン)

ダブルダウンは、あと1枚配られれば勝てると判断した時に、賭け金を倍にすることです。得られる配当が2倍になりますが、1枚以上配られなくなってしまうので注意が必要です。

Double Exposure Blackjackでは9~11の間でダブルダウンを行えます。

Insurance(インシュアランス)

インシュアランスは、ディーラーの手札のうち1枚がAだった場合に、ディーラーの手札にブラックジャックが発生するかどうかを賭けるというものです。

Double Exposure Blackjackでは、ディーラーの手札が2枚ともオープンな状態になっているため、インシュアランスはありません。

Sprit(スプリット)

スプリットは、最初に配られた2枚が同じ数字だった場合に、手札を2つに分けることです。もし分けた手札が両方とも勝てば、配当は2倍もらえます。

Double Exposure Blackjackの配当

Double Exposure Blackjackでは、勝利した時の配当がすべて2倍です。通常のブラックジャックでは、ブラックジャックで勝つと配当が2.5倍もらえますが、Double Exposure Blackjackでは、例えブラックジャックで勝っても配当は2倍です。

また、プレイヤー・ディーラーともにブラックジャックで引き分けた場合も、2倍の配当を受け取ることができます。

Double Exposure Blackjackのゲームの流れ

ここでは、実際にDouble Exposure Blackjackの流れを見ていきましょう。流れ自体は、ブラックジャックと大きく変わりありません。

①.ベッティングタイム

まず、ベット額を決めてベッティングエリアにチップを置きます。Double Exposure Blackjackでは、最大3か所にベットすることが可能です。

②.ディーラーからカードが配られる

ディーラーからカードが配られます。配られるカードはプレイヤー・ディーラーともに2枚で、ディーラーのカードは2枚ともオープンになっています。

③.カードを引くかどうか決める

配られた2枚のカードの合計値から、ヒットをするかスタンドをするか決めます。もし2枚が同じ数字なら、スプリットを選択することも可能です。

④.カードがオープンされ勝敗が決まる

カードがオープンされ、勝敗が決まります。

管理人 竜崎
若干の違いはあるものの、Double Exposure Blackjackはブラックジャックと同じように楽しめます。しかも、あらかじめディーラーのカードが2枚ともオープンになっているので、プレイヤーに有利です。ベラジョンカジノで遊べますので、ぜひチェックしてみてください。
今すぐベラジョンカジノの魅力を確かめる

Double Exporuse Blackjackで勝つための至極シンプルな3つの判断軸・戦略

Double Exposure Blackjackは、ディーラーへ最初に配られる2枚がオープンになっていることが特徴です。そのため、自分の手札がどうなっているのか、そのケースに応じてどう判断すればいいかの基準を作っておくことが重要になります。

この項目では、Double Exposure Blackjackで勝つためのシンプルな判断軸・攻略法を3つご紹介します。

ディーラー『17以下』プレイヤー『18以上』の場合は”スタンド”

基本的にディーラーは17以上でスタンドしますが、ディーラーが17以下でプレイヤーが18以上の場合、ディーラーはヒットします。

そのため、こちらはリスクを負ってまでヒットせず、スタンドを選択してディーラーのバーストを狙うという戦略です。

ディーラー『17以上』プレイヤー『17以下』の場合は”ヒット”

プレイヤーがバースト覚悟で、ディーラーの数字を上回るという戦略です。Double Exposure Blackjackでは、ブラックジャック以外での引き分けはすべて負け扱いになってしまうので、勝つためにはディーラーの数字を上回らなくてはなりません。

そのため、例えプレイヤーの合計値が19だったとしても、ディーラーの合計値が20であることが見えてしまったらヒットを選択することとなります。

同数2枚で16以下の場合は”スプリット”

同数2枚で16以下の場合、スプリットを行うことで、弱いハンドになる可能性や、バーストしてしまう可能性を低減できます。

例えば最初に配られたカードがともに3だった場合、そのままヒットすると、16を含む弱くて微妙なハンドになってしまうのが難点です。しかし、2つに分ければ強いハンドが作れる可能性が高まります。

また、最初に配られたカードがともに8だった場合、ヒットすることでバーストしてしまう可能性がありますが、2つに分ければバーストを回避することが可能です。

例え片方が負けたりバーストしたりしても、もう片方が勝てば損することはないので、同数2枚で16以下の場合はスプリットするようにしましょう。

通常のブラックジャックにも、上記のような状況に応じたケースを表にまとめたものが存在するので、気になる方は併せてチェックしてみてください。

ブラックジャックで勝つために便利なベーシックストラテジーの詳細はこちら

まとめ〜Double Exposure Blackjackのルールや賭け方をしっかり抑えてオンラインカジノで遊ぼう!〜

Double Exposure Blackjackはブラックジャックから派生したゲームなので、ブラックジャックを遊んだことのある方なら、スムーズにゲームを始められます。

Double Exposure Blackjackとブラックジャックとの大きな違いはディーラーのカードが2枚ともオープンになっていることブラックジャック以外での引き分けが負け扱いになることです。そのため、ケースに応じてどう動くのかをしっかり明確にしておきましょう。

管理人 竜崎
最後に今回のおさらいだ。

1分でわかるこの記事で紹介したポイント

✅Double Exposure Blackjackのルールや流れはブラックジャックと変わらない
✅Double Exposure Blackjackでは、ディーラーのカードが2枚ともオープンになっている
✅Double Exposure Blackjackにはインシュアランスがない
✅Double Exposure Blackjackでは、引き分けでも負ける
✅Double Exposure Blackjackでは、場合に応じて立ち回りを変えることが重要
助手 虎田
今回ご紹介した攻略法を使用して実際にDouble Exposure Blackjackで遊んでみたいという方は、ベラジョンカジノに登録してみてください!厳格なライセンスを取得しているので、信頼性と安全性が高く、おすすめです♪